子供のお餅は何歳から?3歳でデビューした我が家の食べさせ方を紹介!

子育て

お正月になるとお餅を食べるというご家庭も多いのではないでしょうか?

できることならばお子さんと一緒に家族全員でお餅を楽しめると嬉しいですね。

とはいえ子供にお餅を食べさせるのって、ちょっと勇気がいるもの…お餅っていつからOKなの?食べさせ方は?注意点は?など初めての時は疑問もいっぱい。

今回はお餅のデビュー時期の目安と、気をつけるべきポイント、我が家の実際のデビューに関してもご紹介します。

この記事では

  • お餅食べさせる目安年齢
  • 食べる際の気をつけるべきポイント
  • 我が家のお餅デビューについて

がわかります。

お餅は3歳ごろを目安に食べさせよう!

一般的な育児書では子供にお餅をあげるタイミングは3歳からと言われています。

もちろん個人差はありますが、一般的に3歳にもなれば

  • 歯が生えそろう
  • よく噛むことができる
  • 飲み込む力がある程度ついてくる
  • 「ゆっくり、よく噛んで食べてね」などの言葉の意味を理解し、実行できる

といったように、お餅を食べる上でのリスクが少なくなると考えられています。

年齢はあくまでも目安であるため、上記のように

・歯の生えそろい
・噛む力・飲み込む力
・コミュニケーション能力

などを加味した上でお子さんにお餅を与えるタイミングをみると良いでしょう。

子供にお餅を与える際の注意ポイントは?

冬場、特にお正月になるとお餅を食べるというご家庭も多いのではないでしょうか?

以下では子供にお餅を食べさせる際に注意すべきこと、気をつけておきたいことを、まとめてみました

小さくカットする

大人であればそのままガブッと行けるかもしれませんが、子供の場合はハサミなど使って細かく一口サイズに切ってあげるようにしましょう。

幼い子供の場合は口に入れ過ぎてしまったり、自分の口の容量以上に詰め込んでしまうこともよくありますよね。

普段の食事は大丈夫でも、お餅はもちもちとして、ノドに張り付くこともありますので、必ずカットして渡すようにしましょう。

食事中、それ飲み込める?っていうくらい口に頬張る子供って多いですよね。

喉を潤してから食べる

喉が乾燥している状態だと、お餅が口の中で張り付き、引っかかりやすいので、飲み物などで、喉を潤してからお餅を食べるようにしましょう。

ただし、お餅を食べている最中に飲み物で流し込むことは危険などで避ける必要があります。

きちんと口の中がなくなっているか確認してから飲み物を与えましょう

落ち着いて食べさせる

みんなで食事をしていると楽しくなってはしゃいだり、逆に何か不満があって泣いてしまったりと、子供が食事中に騒いでしまうこともあるでしょう。

お餅のみに限ったことではありませんが、お餅の場合は特にそういった”落ち着いていない状態”で食べさせるのは避けるようにしましょう。

きちんと座った状態で、落ち着いて食べれるように大人が与えるタイミングを考える必要があるでしょう。

あとは車の中などは突然の揺れなども考えられるので、お餅などは避けるようにしましょう。

大人が隣で見守る

細かく切ったし、あとは食べてね〜と大人が違うことをやり始めてしまうこともあるかと思います。

ただ、いざ喉に詰まってしまった際に子供が声を出せず、助けを求められない可能性があります

また、細かく切ったとしても、子供がまとめて2〜3個口に入れてしまうリスクもあります。

お餅を与える際には、子供の表情に注意しながら、大人が隣で見守るようにしましょう。

我が家のボクちゃんは口に詰め込みがちなので、未だにボクちゃんの食事中はトイレにも行けないです。。。

我が家のボクちゃんは3歳8ヶ月でデビュー

我が家では毎年年末年始で帰省するのですが、実家では毎年手作りのお餅を擁してくれ、自宅用にと大量のお餅を持たせてくれます。

我が家のボクちゃんのお餅デビューは3歳8ヶ月。

ここではボクちゃんのお餅デビューについて、ボクちゃんの食事に対する状態や、食べさせ方、気をつけたことをご紹介します。

3歳のボクちゃん。お餅デビュー時はこんな感じ

・ボクちゃん3歳8ヶ月
・歯は生えそろい済み
・噛む力もあり
・飲み込む力も普通にあり(だと思う)
・コミュニケーションは取れる
・食べ物の詰め込み癖あり
ボクちゃんがお餅デビューしたのは2年前のお正月。
甘党なボクちゃんは帰省した際に、実家で毎年出される「きな粉餅」が食べたくて、欲しい欲しい!とねだっていました。
もともと白米好きなので、当然のごとくお餅に大ハマり。笑
毎朝お餅を食べてから保育園に登園していました。
5歳になった今、少しマシになっていますが、もともと口の中に多めに詰め込む癖があるので、初めてお餅を食べさせる時はめちゃくちゃ心配でした

どんな風に食べさせた?

食べさせ方はいたって普通のきな粉餅や磯部として食べました。

きな粉が大好きで、基本はきな粉餅。

また、お餅が毎年結構残ってしまうので、残ったものはグラタンやピザを作ったり、揚げ餅にしてお菓子として食べました。

お餅は基本的にトースターで焼くか、電子レンジで水と一緒に温めて柔らかくして食べさせています。

我が家では意識していなかったのですが「おしるこ」や「お雑煮」などの”汁物”に入れて小さく切って食べさせた方が、最初のうちは飲み込みやすいらしいです!

そして、注意ポイントでもご紹介したようにとにかく小さくして、食べさせました。(最初は約1.5cm角くらいかな)

また、お餅本来の食べ方とは異なるかもしれませんが、小さく切ったお餅を少し潰して食べさせることで、個人的には子供が噛みやすくなったように思います。

目安は3歳から…安全にお餅を楽しもう!

冬の時期に食べられるものだからこそ、季節感があって美味しいお餅。

せっかくなら子供とも一緒に楽しみたいですよね。

お餅を食べさせる目安は3歳から!

もちろん成長度合いに個人差はあると思うので、上記に記載した成長目安とお子さんの成長を照らし合わせて、デビューのタイミングを決めてみてくださいね!

安心安全にお餅デビューをしてみましょう♫

よろしければこちらもご覧ください▼




▼ランキングに参加しています♡

記事が面白かったよ!参考になったよ!という方はポチッとしていただけるとブログ運営の励みになります*

コメント

タイトルとURLをコピーしました