注射嫌いの子供…病院への連れて行き方は?我が家流!誘導方法をご紹介

子育て

子供の頃は免疫が未発達のため、あれこれ予防接種を受ける機会がとても多いですよね。

乳児期は、何が何だかよくわからないうちに、痛い思いをして泣いて、痛みがなくなるとケロッとしている…なんてこともありますが、

息子も5歳。

さすがにここまでくるとごまかしは効かないですよね。笑

今回はインフルエンザの予防接種を受けてきた息子の状況と、事前に行っておいた誘導方法をご紹介します。

この記事では

  • 5歳児息子の注射への誘導方法
  • 実際の注射の様子

がわかります。

注射前に話した内容は?

ごまかしの効かない5歳。

今回インフルエンザの予防接種で2回注射をするのですが、

注射を受ける前に事前に話した内容を以下ではご紹介します。

その①注射する理由について説明

そもそもなぜ痛い思いをしなくてはいけないのか?ということを説明しました。

・予防接種に該当する病気が怖いものであるということ
・病気で苦しまないためには注射が必要だということ
・元気でないと遊んだり、出かけたり、美味しいものを食べたりできないということ

などなど…

大人にとってみればごく一般的なことですが、子供にとってみたら、意味もわからず痛い思いをさせられるというのは確かに恐怖そのもの

これで「わかったよ!僕頑張る!!」…となる素直なお子さんをお持ちのお母様たちは、きっとこのブログにたどり着いていないと思うのですが…。笑

念の為、理由についてはきちんと説明しておきます。

病気になって欲しくないから受けてほしいのだ!というママの気持ちも一緒に伝えておきました。

その②痛いけど、この前転んだ時の方がよっぽど痛いよ(たぶん)

先日、幼稚園で思い切り転んで割と酷めの擦り傷を作ってきたボクちゃん。(しばらくジュクジュクするやつ←)

それでも泣かなかったと誇らしげに語っていたので、

注射も痛いけど、こっちの怪我の方がよっぽど痛いと思うよ。

と伝えておきました。

実際に、私も数ヶ月前に自転車で転倒して、久々に割とひどい擦り傷を作ってしまったのですが、これがまぁ痛いこと…。

お風呂はしみるし、かさぶたになるまで時間はかかるし、痛い期間も長かった…(年齢的な問題?笑)

そのため、この痛みが我慢できるのであれば注射なんかへっちゃらであろう…という本音を込めて本人にも伝えました。

ただ、注射は痛くないというのは嘘になるので、あくまでもこっちの方が痛いよという言い方にとどめておきました…。

これを伝えるとちょっとホッとした様子は見せていました。

その③痛みのイメージトレーニングをする

小さい時の記憶から、注射=痛い!怖い!

というイメージが先行しているので、注射の痛みはこんな感じだと思うよ!と、ボクちゃんの腕を強めにギュッとつねってみました。

このくらいなら大丈夫かな …

と若干安心したような様子を見せつつも半信半疑という感じでした。笑

その④泣いてもいいよ

痛くて泣いちゃうかも…

という僕ちゃんに対しては「泣いてもいいよ」と伝えておきました。

泣くなと言ったところで、泣きたいものは仕方があるまい。だから余計な負担はかけないように泣いてもいいよと伝えておきました。

ただ、暴れると危ないし、腕に力が入ると余計に痛く感じるから、それはやめようということだけは約束。

その⑤怖かったらママと手を繋いでよう

ママがいない方がプライドが働いて泣いたりしないんじゃないかな?

という気がしないでもないですが…やっぱり心細いだろうし、

とりあえず1回はママも一緒にいることにしました。

怖かったらママと手を繋いでよう!大丈夫だからと伝えとりあえず不安感を拭うようにしました。

その⑥【禁断】ご褒美を1つあげよう

やっぱりこの禁断テクニックは出てしまう。。。笑

とりあえず、頑張って注射ができたらご褒美を1つあげるよと約束。

最初はチョコエッグが欲しい!と言っていましたが、

現在のボクちゃんは欲しいもののために、せっせとお手伝いをしてお小遣いを貯めている最中なので、お金が欲しいと言われました。笑

まぁお小遣い(100円)で快く注射を受けてくれるなら安いものだ。。。

5歳息子にインフルエンザの注射を打ってきた!その結果は?

注射当日。

今日注射だよね…いやだなぁ〜

とぐずる息子。

もちろん痛くないわけではないけど…もうお兄さんになったし、ママは大丈夫だと思うよ!転んだ時の方が絶対痛いって!笑

と励ますと、疑問を抱きつつも少し安心した様子。

とりあえず

  • イメトレによって少し安心感が芽生えた
  • ご褒美が欲しい

というこの2点によって、ぐずり過ぎることなく病院へと向かってくれました。

いざ注射をするために病院へ到着。

注射する時、手を繋いでおこうか?

とママから再度提案してみましたが、

大丈夫…

と、そこは5歳のプライドが譲らなかった様子。笑

待っている時間で再度ボクちゃんの腕をちょっと強めにギュッとつねって、

あとで注射とこっち、どっちが痛かったか教えて?笑

痛みのイメージトレーニングを再度行っておきました。笑

病院は行きつけの病院で、先生も優しい女性の先生。

キャラクターが書かれたカットバンを見せて、

終わったらどれ貼ろうか?

楽しそうに話しかけてくれ、ボクちゃんの緊張も解けた様子。

自分から腕を出すようにしていて5歳息子に覚悟を感じました←

先生は針が刺さるところが見えないように、指で隠しながらスッと注射をしてくれて、あっさり終了。

肝心のボクちゃんはというと…

 

 

 

笑ってる!笑

ママ!全然大丈夫だった!ママがつねった方が痛かった!笑

とご機嫌で報告。

よかったぁ…。

その後、お友達のママたちに

注射が全然大丈夫だったことの自慢エピソードがしばらく絶えませんでした。笑

よろしければこちらもどうぞ▼

注射後ご機嫌で帰宅したボクちゃん▼

イメトレが効果的?注射を頑張って乗り越えよう…

お子さんの性格や、痛みへの強さなどによって対応は様々かなと思います。

一応我が家の息子はこんな感じで、無事にインフルエンザの予防接種1回目を終了することができました。

1回目が終わって自信がつき「早く2回目の注射やりたい〜」と言っていたので←

2回目は難なく行くことができそうです。

皆さんはどのように注射に連れて行っていますか?少しでも参考になれば幸いです!

子供の健康についてはこちらの記事でもまとめています▼




▼ランキングに参加しています♡

記事が面白かったよ!参考になったよ!という方はポチッとしていただけるとブログ運営の励みになります*

コメント

タイトルとURLをコピーしました