まさかの合格!テアトルアカデミーオーディションの内容は?合格までの実体験!

子育て

近年では子役など小さいうちから芸能界で活躍しているお子さんも多いですよね。

「うちの子って可愛いのかも!」
「赤ちゃんモデルにさせたい」
「子役になってほしい」

なんて思う親御さんも多いのではないでしょうか?
実は我が家のボクちゃん、テアトルアカデミーのオーディションを受けたことがあります。

すでに3〜4年前になりますが、今回はボクちゃんがテアトルアカデミーのオーディションを受けた経緯とオーディション内容について実体験を踏まえてご紹介します。

テアトルアカデミーとは?

(引用元:テアトルアカデミー公式サイト)

テアトルアカデミーとは赤ちゃん〜シニア世代まであらゆる年齢を対象として、俳優・タレント・モデル・声優として活躍できる人材を育成する総合芸能学院です。

芸能関係に興味がある方なら一度はその名前を聞いたことがあるのではないでしょうか?

有名なタレントさんだと、鈴木福くんや、小林星蘭ちゃんなどもテアトルアカデミーの出身者となっています。

特に子役としての人材育成に力を入れている芸能学院と言えるでしょう!

ボクちゃん初のオーディション

ボクちゃん実は2歳のころにオーディション経験があります。

正直なところ我が家は芸能事務所に入れたいという気持ちは全くなかったのですが、周りの知人から進められたことと、記念に1度くらい何か写真撮ってもらえたら良い思い出になるかな?という軽〜い感じで受けてみることにしました。

書類審査ってどんな感じ?

まずは書類審査としてWEB上で各項目を入力します。
現在のフォーマットはこんな感じ▼

(引用元:テアトルアカデミー公式サイト)

当時の形式とは少し変わっているようにも思いますが、基本的な質問事項は同じです。

写真に関しても特に撮影場所などにもこだわらず、家でスマホで撮った写真を添付して送りました。

一次審査の結果までどのくらい?

書類審査は2〜3週間ほどで結果が出ます。

我が家には確か2週間前後で到着したように思います。

少し間も開くため、応募したことすら忘れており、書類が届いた時にはとても驚きました。

また、意外にもボクちゃんは合格だったため、一次審査合格の賞状と、二次審査の案内用紙が同梱されていました。




二次審査・実際のオーディション内容は?

二次審査は実際にテアトルアカデミーの校舎に出向いて行われます。

まだまだ2歳児ということもあり、もちろん親も一緒。

正直言葉もちゃんと喋れないし、オーディションなんてどんなことするのかしら…?疑問だらけのまま当日校舎へと向かいました。

まずは控え室で待つ

校舎付近には案内のスタッフさんがたくさん待機しており、迷うことなくスムーズに誘導してもらえました。

受付が完了すると、待機室のような場所に案内されます。

待機室はイスがずらりと並べてあっただけだったので、家から持ってきたおもちゃで遊んだり、ボクちゃんが歩き回るのについて行ったりして、ただただ呼ばれるのを待つのみ。

周りの子供たちを見て「あの子すごく可愛いなー」とか「同じくらいの年齢かなー」なんて思いながら暇を持て余していました

グループごとでオーディション内容の説明

しばらくすると順番が来て、10〜20人単位で教室のような場所に呼ばれました。
教室内は開けているので子供たちも好き好きに跳ねたり走ったり、楽しそうにしていました。

スタッフの方がはいってきて、この後の流れを説明。

説明の合間には子供たちに向けても話しかけたりして、数人のスタッフの方がボードを片手にその様子を見ていたので、もしかしたらこの段階から審査のようなものも始まっていたのかもしれません。

簡単な面談

その後、順番に面談が行われました。

面談は面接官2人とボクちゃんとママ。

面接官の片方の方が質問して、片方の方がその様子を見ているようなスタイルでした。
最初にママに質問。かなりうる覚えですが、

  • どんな性格か?
  • どんなことが好きか?

など一般的なことを聞かれたと思います。

その後はボクちゃんに質問。基本的には「YES」「NO」で答えられる様な簡単なもので、質問というより、会話の受け答えや表情を見ている感じがしました。

ちなみにこの時、待ち時間にお腹が空いてしまったボクちゃんはお菓子をバリボリ食べているときに呼ばれてしまい、もはやボクちゃんの意識はお菓子にしかあらず…。

面接官の方の問いかけに少々うなづきながらも、視線はずっとママのバッグ(お菓子)。。。

面談の最後に「この人形をギューってできる?」と演技の様なものを求められました

もちろんボクちゃんにそんな高度なことはできませんが、言われるがままに形式上、人形を腕に抱えるだけ抱えて終わりました。

面談は5分程度ですごく簡易的なものでした。

この面談で手応えはまるでなし。

面談が終わるとそのままカメラテストの順番待ちです。全体的に割と待ち時間が長く…とはいえ子供が遊んで待っていられる様なスペースではないので、中には泣き出す子供や不機嫌になってしまう子もたくさんいました。

我が家のボクちゃんもすでに空腹と眠気で不機嫌になりかけており、”早く終わってくれー”とばかり考えていました。

簡単なカメラテスト

カメラテストは5名程度のグループで行われました。

照明とカメラのある中で、ママが抱っこしてイスに座り、面接官に質問されるというもの。

待ち時間の中で、前のグループの方達のオーディションの様子はチェックできたので、質問されることやどんなことをするのかはだいたい把握できました。

  • どんな子供になってほしいか?
  • どんなことをしてほしいと思っているか?

といったことを質問され、ママが答えます。

その後子供の名前を呼んで
「はーい!」と返事がさせる

というとても短く簡単なもの。

ちなみにボクちゃんこの時点で全くニコリともせず。焦

一応名前を呼ばれて返事をしたものの、ふてくされもいいところでした。

オーディション結果は?いつ頃届いた?

カメラテストが終了し、順次帰宅できます。
慣れない環境で疲れたのか、ボクちゃんは帰りに爆睡していました。

結果は1週間程度で到着。なんとまさかの合格でした!!!!

手応えもなかったし、何がそんなに良かったの?と思っていたのですが、後日入学の意向について電話確認があり、その際に合格理由を教えてもらうことができました。

言われたことは

  • 色黒で健康的
  • 目元が印象的でくっきりとした顔立ち
  • 笑顔で社交的な部分がある

とのことでした。

面接やカメラテストでは笑顔はほぼ見せていないし、社交的な感じは一切出ていなかったと思うので、おそらく最初の内容説明の際に見てもらえていたのかな?と思いました。

それにしても色黒で健康的って…笑

合格率ってどのくらいなの?

(引用元:VASS)

合格率はなんと6%!まさかここに我が子が入るとは驚きでした。。。

入学に関してやらせてみてもいいのかなーとも考えたのですがお試しにしてはなんとも高い学費!

そして、タレントとしての登録料など諸々費用がかかりそうだったので、ここまで想定してもらず今回は辞退させていただくことにしました。

しかしながらいい経験ができました!

本格的に芸能関係を目指したい方なら、学院に入れてお子様のうちから目指していくのも良いかもしれません^^

緊張しても大丈夫!ありのままで行ってみよう!

正直なところ、何が合格基準となっているのかいまいち掴みきれずでした;;

ただ、緊張してしまうお子さんや、ぐずぐずしてしまうお子さんも非常に多く、面接官の方も「緊張しちゃうよね」とわかってくれているので、問題ないかと思います。

これからオーディションを受けるよ!という方は出来るだけ自然に、ありのままの魅力を伝えられるように頑張ってみてくださいね!




コメント

タイトルとURLをコピーしました